2008年03月21日

ドル堅調には以下のような理由

FXマンのトレード日記200803021


ここ最近のドル堅調には以下のような理由もあるようです。

決算期末を控えて、米国系マネーが商品相場や欧州株、あるいは新興国株の利益確定売りに出動。
いずれもドル安・外貨高によって米国の投資家は為替差益が出ており、その利益分をドル転させている。そして、米国本国に回帰させた資金の一部を「割安感の出ている米国株に振り向けている」という指摘もなされている。
期末を控えて、米国系マネーが各種市場での投機的なポジションの整理にも着手。
これまで大きく積み上がってきた商品相場ロングやユーロロング、資源国通貨のロングと、その裏表の関係で膨張してきたドルショートや米国株ショートを短期的に手仕舞っている、という見方もあるようだ。

ニュースby A社

ドルは一旦、底をうったのでしょうか(@@)
しっかりレジスタンスを突破してこない限り安心はできませんが。

本日はアセアニア、欧州圏が休日のため、相場の薄い状況ですので、突発的な動きには注意が必要です。
posted by FXマン at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。