2008年03月01日

負けトレーダーは、何にやられるのか?

FXマンのトレード日記20080301

円高、株安が止まりません。

結局米国モノライン救済策も焼け石に水。

このままいくと、各社雑誌で特集されているように世界恐慌にまっしぐらなんてことに。。。

この流れを止めるには主要国協調介入しかないのか。


我々個人投資家にできることは何か?

流れに逆らわずトレード。(今ならドル売り)

レバレッジ管理の徹底。(放置してもパンクしない適切な)

常日頃から、耳にすることですが。。。


負けトレーダーは、何にやられるのか?

相場にやられるのでしょうか?

運がないのでしょうか?

それとも情報が悪いのでしょうか?


答えは「自分」です。


「勝ち組」と「負け組」の大きな分岐点は、自分をコントロールできているかどうかではないでしょうか?

少し極端ですが、投資において第一優先に扱うべきは「お金」ではなく「自分」です。

常に冷静に。。。


常に客観的に。。。


常に研鑽を怠らず。。。


にですね^^


「利小損大のメカニズム」も知っておくとヒントになります。

      ↓  ↓
http://w2c.seesaa.net/article/53879872.html
posted by FXマン at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。