2007年11月10日

パニック的な下落となりました

FXマンのトレード日記20071110

昨日は午前中からレンジ内で最終的なエネルギーをためていたクロス円各通貨がロンドンタイムが始まると一気に下方に放たれ大幅な円高調整になりました。


円高がどこまで続くかわかります  相場師Ranking2位

ファンダメンタルでは、米金融機関のサブプライム関連の追加損失の噂が続々と流れ、欧州株価も軟調に推移したことから円高に拍車がかかり、ニューヨークタイムには、米国指標の弱い数字やダウ下落に伴い、ストップを巻き込みながらパニック的な下落となりました。


上振れリスクの怖さがわかります  人気blogランキング58位

来週は、G20財務相・中銀総裁会議に向けてはカナダからドル安問題を議題とする声もあることから、これまで続いているドル安の流れを変えられるか注目を集めているようです。ただ、米金融機関の損失懸念が出て疑心暗鬼となっているため、マーケットを動かす原動力は投資家心理であると思われ、株価連動型の動きが続くのではないかと思われますが。。。


長期展望分析がピカイチ。必見!  為替投資情報

トレードは、やっと!やっと!悪ポジに利益がでました。
長かった。。。

maekojimaさんのストラテジーを100%信頼し、しかも100%その通りに相場が動いているのに、参入時期が悪かっただけで、これほど苦労するとは。

教訓だらけの2週間でした。

ニュージー/円 ショート 85.96  85.73  各10枚
マイナススワップ 59,780円

安値圏で終値となりましたので、おそらく月曜は窓開きとなるはず。
一旦利食いし、窓を埋めた後、再度ショートで参戦を考えています。

さて思惑通りいきますか。。。
posted by FXマン at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。